介護

食事制限を設けて糖尿病から逃れよう!合併症も怖くない

病気への認識を高めること

料理

食べ物の大切さを教え込む

糖尿病は紀元前15世紀の古代エジプトの時代からあったと言われています。それが21世紀の今日まで根絶されることなく発症が続き、ますます患者が増加の傾向にあります。糖尿病は贅沢病ともいわれるぐらい食事が影響しているのですが、経済が発展して豊かになればなるほど患者が増加していきます。今後も治療の中心は食事療法にあることは間違いなく、地味ではありますが患者自らが自覚して食事制限する必要があります。1つの新しい傾向として糖尿病食の宅配弁当があります。従来にはなかった発想で、このような商売が成立するというのは糖尿病への理解が深まったという証拠でもあります。今後も宅配弁当とは違った形で糖尿病食の商品化が進む可能性があります。

個々人の自覚が予防になる

糖尿病を減らすには、糖尿病とはどういう病気かをもっと教育する必要があります。食事の大切や運動の必要性を教えることによって、自然に病気への備えができるのです。糖尿病の怖さを知れば、もっと食事に気をつけるようになりますし、生活の中に運動を取り込むようになります。一番気をつける必要があるのは無自覚に食事をしてしまった結果、糖尿病を発症するということです。グルメブームとやらで食の文化がもてはやされていますが、一方で栄養の取りすぎによるデメリットも広めていく必要があります。糖尿病が怖いのは特に自覚症状がないことです。症状に気づいた時にはかなり進行しているので、早期に治療するためにも病気の知識をもっと深めておくことです。