介護

食事制限を設けて糖尿病から逃れよう!合併症も怖くない

病気を改善する方法

ガーデニング

病気を改善する食べ方

糖尿病になる原因は、インスリンやホルモンが上手く作用できなくなり高血糖の状態が続く事によって起こります。本来食事によって得られた栄養分が細胞の中に取り込まれてエネルギーとなるのですが、糖尿病によってブドウ糖が血液の中に増えたままの状態が続き、様々な臓器に悪影響を与えてしまいます。糖尿病の治療には食事療法や運動療法、薬物療法など様々な治療方法があり病気の進行具合によって正しい治療方法を行う必要があります。血液検査によって糖尿病はまだ発症していないけれど糖尿病になる恐れのある、境界型と判定された人も動脈硬化の危険性が高く、心筋梗塞や心臓病を引き起こす可能性があるので食事や生活習慣を見直す必要があります。

食べ物によって治療する

糖尿病の治療を食事療法法によって行う場合、正しい方法で行わなければ体に負担をかけてしまいます。適正なエネルギーの量を摂取する必要があり、年齢や性別によって異なり体重や日常生活における運動量によっても違ってきます。一概に一日の摂取量が決まっている訳ではないので、医師の診断の下で正しいエネルギー量を摂取する事が大切です。またダイエットをしなくてはいけないと思って食事を抜く事は逆効果になります。血糖値を安定させるためには食事の時間と回数を毎日に同じにする必要があります。空腹の時間が長くなると、次の食事の際に栄養を一気に吸収しようとする為、体脂肪がつきやすくなります。栄養バランスが偏らないように、医師の指導を受けながら正しく治療をする事が大切です。